屋根塗装をしっかりすればマイホームを雨から守れる

一軒家

カバー工法とは

作業員

カバー工法の特徴

屋根の修理を行う方法として、カバー工法はポピュラーな方法です。屋根の修理といえば、全てを取りかえる葺き替え工法という方法もあります。葺き替え工法は屋根材だけでなく、その下にある防水シートなどの下地も、新しいものへと取り換えるのが特徴です。見た目だけでなく機能性も、新しくする事が出来る葺き替え工法ですが、古い屋根を全て取り払うという工法ですので、時間も費用もかかります。葺き替え工法での修理の相場は、約70万円から140万円程度です。一方、カバー工法であれば修理の相場は、約50万円から120万円程度と、吹き加工法よりもリーズナブルな費用で抑えられます。何故かというとカバー工法は、既存の屋根は残したまま、その上に新しい屋根を被せるような修理法だからです。古い屋根材を撤去する費用がかからない、葺き替え工法と比較すると施工にかかる期間も短くなります。解体工事を必要としない、工事の工数自体が少ないという事から、職人さんが施工を行う日数が短いのです。このような事から、工事にかかる費用、職人さんへ支払う費用が抑えられ結果、カバー工法は葺き替え工法よりも相場は安くなると言われています。費用相場が安いというだけでなく、カバー工法は断熱性や遮音性が高まるという効果も期待出来ます。屋根が2重になるような形になるので、断熱性や遮音性がアップするのです。屋根から雨漏りがするなどトラブルが起こった場合、カバー工法での修理も検討してみてはいかがでしょう。