屋根塗装をしっかりすればマイホームを雨から守れる

一軒家

日本瓦のメンテナンス

一軒家

行うタイミングをチェック

神戸市は都会でありながら、自然も残っているという事もあり、住むのには最適な街として関西では人気です。そのため、神戸市に一戸建て住宅を建てる方も少なくありません。神戸市は古くから貿易の街として栄えた事もあり、洋館が多くありますが一般の住宅においては、和風デザインも人気です。日本家屋の屋根材といえは、日本瓦が丈夫という事もあり神戸市でも多くの住宅に選ばれています。陶器製の日本瓦はとても耐久性に優れており、50年から100年はメンテナンスが不要です。もちろん、台風などによって割れてしまえば取り換える必要はあるものの、何もトラブルが無ければ日本瓦の場合、メンテナンスは頻繁に行う必要はありません。ただし、日本瓦自体のメンテナンスは必要なくても、瓦の下にある防水シートなどの下地は、屋根工事で定期的にメンテナンスする必要があります。防水シートなどは日本瓦とは違い、50年も100年も持つ事はありません。屋根工事によるメンテナンスを行ってしまうと、下地としての性能が失われてしまい、雨漏りを引き起こす原因となるので注意が必要です。防水シートなど下地の事を考えた場合、日本瓦の屋根であっても約25年から30年程度で屋根工事を行う事をおすすめします。もちろん、瓦自体に問題がある場合は、早めに屋根工事を行いましょう。瓦が割れているのはもちろん、ずれているだけでも雨漏りを引き起こしやすくなります。この他に、瓦が色あせている場合も、屋根工事を行うタイミングの1つです。